Classifications
     Accountancy
     Administrative Law
     Admiralty
     Agricultural Law
     Animal Law
     AntiTrust & Trade Regulation
     Arbitration & Dispute Resolution
     Audit Law
     Aviation Law
     Banking Law
     Bankruptcy Law
     Business Services
     Civil Procedure
     Commercial & Contracts
     Commercial Law
     Conflict of Laws
     Constitution
     Construction
     Consumer Issues
     Copyright Law
     Corporations And Associations
     Criminal Law
     Criminal Procedure
     Customs Law
     Cyber Law
     E-commerce
     Education & Libraries & Museums
     Elder Law
     Energy Law
     Entertainment Law & Sports Law
     Entry-Exit Inspection and Quarantine
     Environmental Others
     Evidence
     Family Law
     Financial Others
     Fish & Game
     Forest Law
     Gaming Law
     Government Benefits
     Health Law
     Highways and Ferries
     Housing Law
     Human Recourses
     Immigration Law
     Information Technology Law
     Injury and Tort Law
     Insurance Law
     International Law
     International Trade
     Internet
     Judges and the Judiciary
     Juvenile Law
     Labor and Employment
     Land Law
     Landlord & Tenant Law
     Legislature
     Livestock
     Manufacturing
     Medical Malpractice
     Mergers & Acquisition
     Military Justice
     Municipal Law
     Nationality Law
     Patent Law
     Pension & Retirement
     Plants Law
     Privacy Law
     Probation Law
     Products Liability
     Property Law
     Public Utilities
     Railway
     Real Property
     Religion
     Retail Law
     Safty Law
     Securities
     Tax
     Trademark Law
     Transportation Law
     Travil Law
     Trusts & Estates
     Veterans Law
     Welfare & Social Services and Institutions
     Wills
     Workers’ Compensation
Japan
No.100 law "Death from overwork prevention countermeasure promotion law"

過労死等防止対策推進法
(平成二十六年六月二十七日法律第百号)


 第一章 総則(第一条―第六条)
 第二章 過労死等の防止のための対策に関する大綱(第七条)
 第三章 過労死等の防止のための対策(第八条―第十一条)
 第四章 過労死等防止対策推進協議会(第十二条・第十三条)
 第五章 過労死等に関する調査研究等を踏まえた法制上の措置等(第十四条)
 附則
第一章 総則
(目的)
第一条  この法律は、近年、我が国において過労死等が多発し大きな社会問題となっていること及び過労死等が、本人はもとより、その遺族又は家族のみならず社会にとっても大きな損失であることに鑑み、過労死等に関する調査研究等について定めることにより、過労死等の防止のための対策を推進し、もって過労死等がなく、仕事と生活を調和させ、健康で充実して働き続けることのできる社会の実現に寄与することを目的とする。
(定義)
第二条  この法律において「過労死等」とは、業務における過重な負荷による脳血管疾患若しくは心臓疾患を原因とする死亡若しくは業務における強い心理的負荷による精神障害を原因とする自殺による死亡又はこれらの脳血管疾患若しくは心臓疾患若しくは精神障害をいう。
(基本理念)
第三条  過労死等の防止のための対策は、過労死等に関する実態が必ずしも十分に把握されていない現状を踏まえ、過労死等に関する調査研究を行うことにより過労死等に関する実態を明らかにし、その成果を過労死等の効果的な防止のための取組に生かすことができるようにするとともに、過労死等を防止することの重要性について国民の自覚を促し、これに対する国民の関心と理解を深めること等により、行われなければならない。
2  過労死等の防止のための対策は、国、地方公共団体、事業主その他の関係する者の相互の密接な連携の下に行われなければならない。
(国の責務等)
第四条  国は、前条の基本理念にのっとり、過労死等の防止のための対策を効果的に推進する責務を有する。
2  地方公共団体は、前条の基本理念にのっとり、国と協力しつつ、過労死等の防止のための対策を効果的に推進するよう努めなければならない。
3  事業主は、国及び地方公共団体が実施する過労死等の防止のための対策に協力するよう努めるものとする。
4  国民は、過労死等を防止することの重要性を自覚し、これに対する関心と理解を深めるよう努めるものとする。
(過労死等防止啓発月間)
第五条  国民の間に広く過労死等を防止することの重要性について自覚を促し、これに対する関心と理解を深めるため、過労死等防止啓発月間を設ける。
2  過労死等防止啓発月間は、十一月とする。
3  国及び地方公共団体は、過労死等防止啓発月間の趣旨にふさわしい事業が実施されるよう努めなければならない。
(年次報告)
第六条  政府は、毎年、国会に、我が国における過労死等の概要及び政府が過労死等の防止のために講じた施策の状況に関する報告書を提出しなければならない。

第二章 過労死等の防止のための対策に関する大綱
第七条  政府は、過労死等の防止のための対策を効果的に推進するため、過労死等の防止のための対策に関する大綱(以下この条において単に「大綱」という。)を定めなければならない。
2  厚生労働大臣は、大綱の案を作成し、閣議の決定を求めなければならない。
3  厚生労働大臣は、大綱の案を作成しようとするときは、関係行政機関の長と協議するとともに、過労死等防止対策推進協議会の意見を聴くものとする。
4  政府は、大綱を定めたときは、遅滞なく、これを国会に報告するとともに、インターネットの利用その他適切な方法により公表しなければならない。
5  前三項の規定は、大綱の変更について準用する。

第三章 過労死等の防止のための対策
(調査研究等)
第八条  国は、過労死等に関する実態の調査、過労死等の効果的な防止に関する研究その他の過労死等に関する調査研究並びに過労死等に関する情報の収集、整理、分析及び提供(以下「過労死等に関する調査研究等」という。)を行うものとする。
2  国は、過労死等に関する調査研究等を行うに当たっては、過労死等が生ずる背景等を総合的に把握する観点から、業務において過重な負荷又は強い心理的負荷を受けたことに関連する死亡又は傷病について、事業を営む個人や法人の役員等に係るものを含め、広く当該過労死等に関する調査研究等の対象とするものとする。
(啓発)
第九条  国及び地方公共団体は、教育活動、広報活動等を通じて、過労死等を防止することの重要性について国民の自覚を促し、これに対する国民の関心と理解を深めるよう必要な施策を講ずるものとする。
(相談体制の整備等)
第十条  国及び地方公共団体は、過労死等のおそれがある者及びその親族等が過労死等に関し相談することができる機会の確保、産業医その他の過労死等に関する相談に応じる者に対する研修の機会の確保等、過労死等のおそれがある者に早期に対応し、過労死等を防止するための適切な対処を行う体制の整備及び充実に必要な施策を講ずるものとする。
(民間団体の活動に対する支援)
第十一条  国及び地方公共団体は、民間の団体が行う過労死等の防止に関する活動を支援するために必要な施策を講ずるものとする。

第四章 過労死等防止対策推進協議会
第十二条  厚生労働省に、第七条第三項(同条第五項において準用する場合を含む。)に規定する事項を処理するため、過労死等防止対策推進協議会(次条において「協議会」という。)を置く。
第十三条  協議会は、委員二十人以内で組織する。
2  協議会の委員は、業務における過重な負荷により脳血管疾患若しくは心臓疾患にかかった者又は業務における強い心理的負荷による精神

Browse full-text

 
Relevant link
2011/772/EU: Decision of the European Parliament and of the Council of 16 November 2011 on the mobilisation of the European Globalisation Adjustment Fund in accordance with point 28 of the Interinstitutional Agreement of 17 May 2006 between the European Parliament, the Council and the Commission on budgetary discipline and sound financial management (application EGF/2010/019 IE/Construction 41 from Ireland) [2011-11-30]
2011/770/EU: Decision of the European Parliament and of the Council of 16 November 2011 on the mobilisation of the European Globalisation Adjustment Fund in accordance with point 28 of the Interinstitutional Agreement of 17 May 2006 between the European Parliament, the Council and the Commission on budgetary discipline and sound financial management (application EGF/2011/001 AT/Niederösterreich-Oberösterreich from Austria) [2011-11-30]
Regulation (EU) No 492/2011 of the European Parliament and of the Council of 5 April 2011 on freedom of movement for workers within the Union Text with EEA relevance [2011-05-27]
Council Decision of 21 March 2011 appointing the members and alternate members of the Advisory Committee on Freedom of Movement for Workers for Italy and Hungary [2011-03-24]
Commission Regulation (EU) No 249/2011 of 14 March 2011 adopting the specifications of the 2012 ad hoc module on transition from work to retirement provided for by Council Regulation (EC) No 577/98 Text with EEA relevance [2011-03-15]